2006年06月05日

簿記2級 商業簿記 問題44(決算)

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】売買目的有価証券 900

(資料2)決算整理事項等
売買目的有価証券の期末時価は800円であった。

(解答)
(借)有価証券評価損100 (貸)売買目的有価証券100

(許容勘定科目等)
有価証券評価損→有価証券運用損(益)、有価証券評価損益など

(解説)
売買目的有価証券は決算において、時価に評価替えします。
その場合の評価差額は、借方差額は、有価証券評価損、貸方差額は、有価証券評価益で処理します。
posted by 2級講師 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 商業簿記基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18880323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。