2006年06月04日

簿記2級 商業簿記 問題43(決算)

【対象=2級以上】

(問題)
次の資料により決算整理仕訳を示しなさい。

(資料1)決算整理前残高試算表
【借方】売 掛 金1,000
【貸方】貸倒引当金   20

(資料2)決算整理事項等
売掛金の期末残高について実績法により3%の貸倒れを見積る。

(解答)
(借)貸倒引当金繰入10 (貸)(貸)貸倒引当金10

(解説)
貸倒引当金の設定額(1,000×3%=30)−貸倒引当金の残高を貸倒引当金繰入勘定で処理します。
貸倒引当金の残高が設定額よりも多い場合には、貸倒引当金戻入勘定で処理します。
なお、従来の洗替法は出題範囲から除外されたため、差額補充法のみの出題となります。
posted by 2級講師 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 商業簿記基本問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。